借金地獄

MENU

似ているようで違うもの

キャッシングとローンの違いについて知っていますか?今はローンやキャッシングという言葉が乱用されていますので何が違うのかわかりづらくなっていますが、正しくはキャッシングは用途不明の現金借り入れのこと、ローンは使用目的がはっきりと決まっているものに対して使われます。

 

どちらも借入金という部分では同じですが、ローンを組むときはたいてい住宅など大きな買い物をしたときが多いので、担保や保証人が必要になる場合があります。マンションや一戸建てを購入したときに入る団信と言われる生命保険はその担保のひとつです。

 

キャッシングについては貸す側が、そのお金を何に使うのかと問うことはありません。そのためあまりに高額なキャッシングはできないことになっています。また、そのかわり保証人や担保を必要としません。あくまでも借りる人の返済能力によって融資額がきまります。

 

ショッピングも住宅ローンもある意味借り入れをしているという点ではキャッシングと同じですが、キャッシングは現金であるため日常生活と密接な関わりのある借り入れ方法だといえます。そのためうまく使えば日常生活の資金繰りでおおいに役立つものでもあります。利用する際は返済についてシミュレーションしながら、自分にあった利用方法を心がけましょう。

 

返済をスムーズに進めるなら金利の低いオリックス銀行の個人ローンが便利です。

計画的に使っていくキャッシングに

利息のことや返済期間のことを考えたキャッシングをするのであれば欠かせない返済のシミュレーションは、専用のサイトを使うことでより詳しく行う事が出来ます。人気のサイトとして挙げておきたいのがカードローン返済シミュレーションで、多くのパターンで同時に試算が出来るので、より良い返済計画を立てることが出来ます。その他、一定期間無利息となるノーローンのキャッシングを使うなどしても良い借り方が出来ると言えるでしょう。